屋根の上を見守る新世代の職人集団

Hiromi Kawabata

代表取締役社長川畑 博海

創業ストーリー
東京では感じることのできない温かさ

昭和39年、現代表取締役・川畑博海さんの祖父・豊彦さんが瓦の工場を知人から引き継ぎ川畑瓦工業の歴史は始まります。
3年後、豊彦さんが急逝、先代の敏さんは20代という若さで工場を引き継ぎました。
ちょうどその頃、高度経済成長期で住宅建築が増えたこともあり、瓦の需要も増加。
初めは家族経営だった工場も、昭和55年には有限会社川畑瓦工業として法人化を果たします。
現代表取締役の博海さんは東京の学校を出て大手金属屋根材メーカーに就職した後、26歳で川畑瓦工業に入社しました。
東京と鹿児島の垂水では良い意味でギャップが大きかったという川畑さん。
「向こうは機械的な作業的感覚が大きかったのですが、こちらでは首都圏のようにただ正確さを求められるという感じが無く、人の温かみや田舎ならではの人情を感じます」

ピンチに気づいた、大切なこと

平成20年に3代目の社長として会社を引き継ぎますが、ちょうどその頃、世間ではリーマンショックが起こり、さらに、そこに追い討ちを掛けるように鹿児島にもハウスメーカーが流入を始めました。地元の瓦を使わない住宅が増え売上はぐっと落ち込みをみせます。
博海さんは自分の足で一軒一軒工務店を回り一生懸命営業しました。その甲斐あって下請けの仕事は順調に増加しましたが、なかなか満足いく利益に繋がりませんでした。
数をこなすために外部の人材を入れることにより、作業の質が下がりお客さまからのクレームも増えました。
「下請け」という立場である以上お客様と顔を合わせることもなく只管現場をこなすだけの毎日。これまでのように「ありがとう」と感謝のお言葉を頂くこともなくなり、職人のモチベーションも上がりませんでした。「このままでは自分もスタッフも夢を持つことが出来ない」と感じた博海さんは、自社に職人がいる強みを生かし、リフォームに注力を注ぎます。
こうして今、川畑瓦工業は、工事品質の確保・安心価格の提供・しっかりとした工事保証を提供しながら、社会へ貢献できる企業を目指し走り続けています。

私たちの10年後
「良い職人を育て屋根を守る。」

今後の目標

5年前は下請けが80%、元請けが20%だった川畑瓦工業ですが、今は元請けの仕事が70%にまで増加しているそうです。川畑さんは将来、この比率を元請け100%にしたいと考えています。

直接お客さまと顔を合わせる元請けの仕事は、利益ももちろんですが、何よりも社員のみんながイキイキと働いているを他でもない、川畑さんが実感しているからです。

「地元である垂水では大分名前を知られるようになってきました。我が社のサービスを少しずつエリア拡大し、いずれは外装リフォームに関わる職人を社内に揃え、屋根から外壁まですべてを任せてもらえる体制にしたいと考えています。『外装のことなら川畑さんの所に任せれば安心だね』と言って頂けるよう、努力を重ねて行きたいとおもいます。鹿児島の外装を守るのがわが社だからこそできる地域貢献だと思っています。」

今後の目標

技術だけでなく人柄も魅力の職人を育てています。

川畑瓦工業には瓦の施工をはじめ、様々な作業ができる職人がそろっています。
「瓦専門からハウスメーカーの下請け、リフォームと色々やって行く中で、やはりうちは職人がいることが大きな財産だと気が付きました」と川畑さん。

一般のリフォームや建築系の会社は営業を数多く揃え、職人は外部へ発注することが多いといいます。川畑瓦工業では瓦専門の職人と大工を抱えているため、自分のところで外装の工事を一貫して行えることで、作業の質を維持することが出来るといいます。

また「営業さんはきちっとしているけれど現場に来る職人さんがね…」というような不信感がお客様から出ないよう、職人さんの技術以外の質も高めています。

「うちは職人さんもひとりひとり名刺を持っているんです。一番初めにに現場に伺った時には全員で並んで挨拶をして。なかなかそういう職人さんは鹿児島市内にもいないと思いますよ」

営業はもちろん、職人一人一人がお客様の事を考えたサービスを提供できるのが川畑瓦工業の自慢です。

だからこそ、技術はもちろん、自ら考えて行動する意識の高い社員に成長してほしい。だから人として大切なことを学べる環境つくりをするのが私の仕事です、と川畑さんはお話しくださいました。

「日差しの熱を遮断したり、雨の音を防いだりと、瓦葺きは日本の気候に合っているのです。また地域によって気候も違いますから瓦葺の方法も違うのです。」

川畑瓦工業は長年培ってきた職人たちの知識、そして新しいリフォームの技術で鹿児島の屋根を守り続けています。

Profile

好きな言葉

挑戦

これからの夢

夫婦で旅行する

担当業務

社長業及び営業

自分の自慢

真夏に100人の子ども達が4泊5日で100km歩く「鹿児島100km徒歩の旅」をしている

業務で気をつけている事

お客様に分かりやすく説明や報告をする。

会社の好きなところ、ここが他社とは違う!

社内のチームワークがよい!

お客様へメッセージ

ハッピーリフォーム 川畑瓦は、お客様に満足して頂けるように頑張ります!!

血液型 :A
子供の頃の夢 :瓦屋さん
趣味 :釣り、ゴルフ、アウトドア
家族構成 :妻、1男3女
好きな色 :スカイブルー

誇り高き、職人になってみませんか?

求人情報エントリー
Copyright 2017 株式会社川畑瓦工業新卒採用サイト